オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年9月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
ビデオカメラ

postheadericon転居

ひとり暮らしを始める際や、結婚して実家を出て新たに居を構える時などは家具や家電を買い揃えることになりますが、洗濯機やテレビ、電子レンジ、冷蔵庫、照明などの最低限の家電と布団やベッド、机などの最低限の家具を揃えるだけでもかなりの費用がかかってしまいます。
何年も使い続ける予定があれば購入した方が良いものも多いですが、例えば大学のキャンパスが変わって1年だけひとり暮らしをするという場合や、数ヶ月だけ単身赴任をするなどの場合には必要な家具や家電は買い揃えるよりもレンタルした方が費用も安く抑えられますし、使わなくなった時の処分の手間やリサイクル費用も省くことができます。

家電のレンタルは、洗濯機やテレビ、電子レンジ、冷蔵庫、照明、掃除機などから、ドアモニターやホットカーペット、衣類乾燥機、空気清浄機など自分の好みに合わせて様々なものを利用することができます。
家具の場合も同様に、ベッドや布団、ダイニングセット、本棚、パソコンデスクなどから布団カバーやカーテンなども利用することができます。

家電や家具のレンタルはひとり暮らしをする方だけではなく、分譲マンションの展示用物件や選挙事務所、新しい事業所を構える前の仮事務所などで使用するという目的で利用されるという方もいらっしゃいます。
特に選挙用の事務所の場合には使用する家具や家電の数が多い割に使用する期間が短いため、まとめてレンタルをするというケースが多いようです。

ソファー

postheadericonメリット

家具や家電をレンタルするメリットとしてまず挙げられるのが、引っ越しの際に運ぶかどうしようかと悩む必要もなく、配達から返却まですべてレンタル会社が取り仕切ってくれる事です。

また、ときに家具が壊れたり家電が故障したりということもあるかと思いますが、大抵のレンタル会社では期間内であれば無償で交換してくれます。
新品を買って、保証期間が過ぎてしまうと自費で修理しなければならないということを考えたらすばらしいサービスだと思います。

ただ、長期的にはコストが大きくなってしまいますので、長くても2、3年程度の滞在のときがベストです。

冷蔵庫の中

postheadericon短期滞在はレンタル

仕事や学校の都合で1、2年、あるいはそれよりも短い間、アパート住まいをする必要になる場合があります。
そういった場合に、一通りの家具や家電をそろえようと思うと思ったよりも大きな出費になります。
タンスやベッドまたは布団などの家具はどうしても必要になりますし、冷蔵庫や電子レンジ等の家電も生活していく上では不可欠でしょう。
洗濯機等の家電はコインランドリーを使えば間に合わせることはできますが、そういったものを除いたとしても家具や家電をすべて買いそろえると少なくとも20万円程度はしてしまうのではないでしょうか。

そういったときに家電や家具のレンタルが役に立ちます。
数ヶ月から2、3年のレンタルについて受けており、新品をレンタルすることすらできます。
家電は機種を選べないことが多いですが、わずかな期間であるから動く者であればよいと割り切ることができればレンタルしてしまった方が安上がりになるでしょう。